血流改善サプリメント※人気ランキング

血流が悪化する原因はいろいろですが、直接的な原因となるものは5つあります。

 

血液を送り出すポンプである心臓の問題、血管の太さ、ドロドロ血液、赤血球、毛細血管の減少や変形という5つです。

 

心臓が病気などによって弱ってしまうと、血流は悪化してしまいます。

 

心臓自体には問題がないのに血圧が上がってしまう場合は、血管や血液の問題によって、血流を維持するのに高い負荷がかかってしまうためです。

 

血液がドロドロになっている場合には、血流が滞りがちになり遅くなります。

 

ドロドロ血液の原因には、脂肪分や糖分、アルコールなどの摂り過ぎが挙げられます。

 

血液が正常でも血管自体が細いと血流が悪くなります。

 

気温や体温の上昇、ホルモンのはたらきなど状況によって血管の太さは変化しますが、血管が常態的に細くなってしまうのは、タバコや運動不足、高脂血症などが原因として挙げられます。

 

毛細血管は、使われないでいると減少してしまいます。

 

また、生活習慣によって毛細血管の形はいびつになります。

 

ねじれたり途中で枝分かれしたりといびつになった毛細血管は、血流の流れが非常に悪くなります。

 

赤血球は、直径が毛細血管の直径よりも大きいため、通常であれば変形して通り抜けられるのですが、当分の過剰摂取などで硬くなった赤血球は変形しにくいため、血流を阻害してしまうのです。 

 

血流悪化の直接的な原因は5つですが、具体的な原因はさらにいくつかあります。

 

食事による栄養の摂り方も、場合によっては血流悪化の原因となります。

 

その一つが、水分不足です。

 

血液は、その50パーセント以上が水分です。

 

ですから、血液中の水分が不足すると、ドロドロの血液になり血流は悪化します。

 

特に、夏場などの暑い季節は大量の汗をかくため、水分補給のできない睡眠中などに血流が悪化しやすくなります。

 

血液中の水分は、不足していない場合でもしっかり補給することで、血流を良くする効果があるので、常に水分補給に気を配りましょう。

 

また、糖分の摂り過ぎや、それによる糖尿病も血流悪化の原因となります。

 

血液中に糖分がたくさん含まれていると、ドロドロ血液になってしまいます。

 

糖分は、血中の中性脂肪を増加させるので、血小板が凝縮してドロドロになってしまうのです。

 

糖分も赤血球を硬くしてしまうので、血流の悪化を招きます。

 

動物性脂肪の摂取によって増加する中性脂肪やコレステロールも、血流悪化の原因となります。

 

中性脂肪やコレステロールが血中に増えすぎた常態を脂質異常症といい、血流が非常に悪化するだけでなく、最悪の場合は血栓となって血液の流れが止まってしまう場合もあります。

 

運動不足や喫煙も脂質異常症の原因となりますが、食事で動物性脂肪を過剰摂取することが一番の原因といわれています。

 

鉄分の不足も深刻な問題となります。

 

血中で酸素を運搬するにはヘモグロビンが必要ですが、鉄分が足りなくなるとこのヘモグロビンをつくることが難しくなります。

 

血流悪化の直接の原因にはなりませんが、酸素不足によって細胞のはたらきが十分でなくなります。

 

食習慣による栄養の他にも、運動不足や生活習慣、ストレスなどが血流悪化を招く場合もあります。

 

毛細血管は加齢とともに衰えてゆき、減ってしまいますが、この減少を止める方法が運動です。

 

運動不足が血流悪化を招くのはこうしたはたらきがあるからです。

 

さらに、筋肉には血流を助けるはたらきがあるため、運動不足で筋肉量が減少して血流を悪化させてしまうのです。

 

また、タバコを継続的に吸っていると、ニコチンが末梢血管を収縮させてしまうので、血流を悪化させ原因となります。

 

しかし、生活習慣は、急に変えるのは難しいという人も多いですよね。

 

そこで、血流改善サプリメントを飲むことで、食事による栄養の不足や過剰摂取を防ぎ、生活習慣による血流悪化を防ぐのが大切なのです。